入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞(入澤賞)

日本生理学会では、1927年以来、欧文の学術雑誌 Japanese Journal of Physiology (JJP)を発行してきました。2006年より、Journal of Physiological Sciences (JPS)に名称変更し、生理学研究の一層の発展に寄与しています。学会では、JPSのさらなる充実と若手生理学研究者の育成事業を企画し、1991年に逝去された入澤宏教授を記念して入澤記念JJP/JPS優秀論文賞を設立しました。故入澤宏教授は永年JJP/JPSの編集委員長として本誌の発展に尽くされました。 2010年より、入澤彩先生のご遺志を受け、入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞と改称されました。

規定など

  • 対象 : Journal of Physiological Sciencesに掲載された全領域の研究論文の内で特に優秀なもの。
  • 人数 : 毎年1~2報。
  • 選考 : JPS編集委員会が選考する。
  • 表彰 :生理学会大会の総会で表彰し、賞状および副賞を贈呈する。副賞は50万円と、受賞論文のオープンアクセス化(手続・費用は本学会負担)とする。なお副賞のうち50万円については、状況により改定する場合がある。また受賞論文が複数の場合は分割する。

受賞論文

平成28年度 第7回 入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞

  • Reciprocal effects of capsaicin and menthol on thermosensation through regulated activities of TRPV1 and TRPM8. Takaishi, Masayuki; Uchida, Kunitoshi; Suzuki, Yoshiro; Matsui, Hiroshi; Shimada, Tadashi; Fujita, Fumitaka; Tominaga, Makoto (Vol. 66(2):143-155, 2016)

平成27年度 第6回 入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞

  • Early-life stress increases the motility of microglia in adulthood. Takatsuru, Yusuke; Nabekura, Junichi; Ishikawa, Tatsuya; Kohsaka, Shin-ichi; Koibuchi, Noriyuki (Vol. 65: 187-194, 2015)

平成26年度 日本生理学会入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞

  • Effects of food deprivation on the hypothalamic feeding-regulating peptides gene expressions in serotonin depleted rats. Yoshimura M, Hagimoto M, Matsuura T, Ohkubo J, Ohno M, Maruyama T, Ishikura T, Hashimoto H, Kakuma T, Yoshimatsu H, Terawaki K, Uezono Y. Toyohira Y. Yanagihara N. & Ueta Y (Vol. 64(2):97-104. 2014)

平成25年度 日本生理学会入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞

  • Electrophysiological and pharmacological properties of GABAergic cells in the dorsal raphe nucleus. Gocho Y, Sakai A, Yanagawa Y, Suzuki H & Saitow F (Vol. 63(2): 147-157, 2013)

平成24年度 日本生理学会入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞

  • Tactile skin stimulation increases dopamine release in the nucleus accumbens in rats: Kimiko Maruyama, Rie Shimoju, Masato Ohkubo, Hitoshi Maruyama, Mieko Kurosawa (Vol. 62(3) : 259-266, 2012)
  • Subepithelial trypsin induces enteric nerve-mediated anion secretion by activating proteinase-activated receptor 1 in the mouse cecum: Osamu Ikehara, Hisayoshi Hayashi, Toshiharu Waguri, Izumi Kaji, Shin-ichiro Karaki, Atsukazu Kuwahara, Yuichi Suzuki (Vol. 62(3) : 211-219, 2012)
  • The effects of gonadal steroid manipulation on the expression of Kiss1 mRNA in rat arcuate nucleus during postnatal development: Ken Takumi, Norio Iijima, Kinuyo Iwata, Shimpei Higo, Hitoshi Ozawa (Vol. 62(6) : 453-460, 2012)

受賞者一覧