日本生理学会奨励賞規定

日本生理学会では、顕著な研究業績を有するとともに、将来、生理学会で活躍することが期待される若手研究者を奨励することを目的として日本生理学会奨励賞を1999年に設立致しました。下記の規定などをご覧の上、積極的に応募されることを希望します。なお、書類提出の締め切りは学会演題登録の締め切り日です。

  1. (目的) 日本生理学会は、顕著な研究業績を有するとともに、将来生理学会で活躍することが期待される若手研究者を奨励することを目的として日本生理学会奨励賞(以下、奨励賞という)を設ける。
  2. (対象) 3年以上の正会員歴を有する満42歳以下の日本生理学会の会員を対象とする。
  3. (選考)
    1. 応募者の中から毎年若干名を選考する。
    2. 奨励賞の選考は奨励賞選考委員会が行う。
    3. 選考委員には、直前に文部省学術審議会専門委員(日本生理学会から第一段審査委員候補者として推薦された科学研究費分科会委員)としての任期を終えた日本生理学会会員があたる。任期は2年とする。
    4. 選考委員長は選考委員の互選により選出する。
    5. 選考実施の細目は申請件数、内容などに応じて選考委員会で検討する。
  4. (表彰) 生理学会大会の総会の席上で受賞者を表彰し、賞状及び副賞を贈呈する。受賞者は日本生理学会大会において講演を行う。
  5. (改正) 本規定の改廃は日本生理学会常任幹事会で行う。 本則は平成11年4月1日より施行するものとする。

日本生理学会奨励賞選考細則

  1. (選考の対象) 日本生理学会奨励賞(以下、奨励賞という)は申請者の研究実績、研究構想と発展性、生理学会における活動を評価して選考する。
  2. (会員歴)
    1. 学生会員であった期間は会員歴に含まれる。
    2. 会費の納入が無かった期間は含まれない。
  3. (応募)
    1. 応募者は申請書所定の様式をダウンロードする、および申請課題に関連した論文の別刷(印刷中の論文については校正刷りの写し) を、全てpdfファイル形式で日本生理学会奨励賞選考委員会に提出する。
    2. 応募者の年齢は当該年の12月末日のものとする。
    3. 公募の締切りは日本生理学会大会の演題登録締め切り日とする。
    4. 応募者は日本生理学会大会に応募課題と関連する内容で演題登録を行い、演題登録番号を応募書類に記載する。
  4. (副賞の金額) 当分の間1件10万円とするが、状況により改訂することができる。
  5. (日本生理学会大会における講演) 奨励賞受賞者は日本生理学会大会で受賞講演を行う。

奨励賞細則の補足説明

細則1の補足 (外国で行われた研究)応募者が外国で行った研究も奨励賞の対象とする。 賞選考委員会は選考に当たり以下のa), b)を考慮する。 a)応募者がPDなどの場合はホスト研究者が作成した奨励賞応募者の推薦文が添付されている事。推薦文には以下の2点を明記する:(1)当該研究に対する応募者の貢献度、および(2)応募者の研究者としての将来性。 b)応募者が独立した研究者である場合は、その旨を履歴書などで証明できる事。ただし、この場合は、以下の細則2の補足の対象とする。 細則2の補足 (指導的立場にある研究者の応募)大学等では准教授以上、研究所等では室長以上の職についている研究者の応募を妨げはしないが、若手奨励賞対象者として適当かどうかは、賞選考委員会で判断する。 大学あるいは研究所で既に指導的な立場にある応募者の場合、その人の業績が本賞の対象として相応しいかどうかを判断し、「必要以上の業績と経験が有る」と委員会が判断した場合は、その旨を応募者に連絡して候補者から除外する。これは奨励賞を応募者の今後の発展を励ます賞として活用したいとの意図による。 細則3の補足 (賞選考期間)賞選考委員会は公募締め切り後速やかに審査を進め受賞対象者を決定し、受賞講演を行う日本生理学会大会のプログラム作成に反映させる。 受賞者の選考は賞選考委員会が行い3幹事の議を経て常任幹事会(持ち回り)が承認することで決定とする。 受賞者は日本生理学会大会で発表されるが、同時に大会プログラムにも記載する。 細則5の補足 (受賞講演)奨励賞受賞者の生理学会大会における講演は、特別な受賞発表会場ではなく一般講演として行う。 これまでの受賞者による発表会形式では聴衆が集まらず寂しい結果となった事を反省し、受賞者による講演は適当な一般演題に組み込んで行う。その為に、奨励賞応募者は応募課題に関連する内容で口頭発表を演題登録し、登録番号を応募書類に記載する。奨励賞受賞が決まった場合、大会プログラムに受賞講演である旨を記載し、プログラム作成に際しては講演時間などに配慮する。当該セッションの座長は受賞者による講演である事を紹介する。

奨励賞申請書

日本生理学会奨励賞申請書ダウンロード[zip]