理事長からのご挨拶

理事長挨拶

一般の皆様へ

生理学と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。生理学とは、平たく言えば、生命の仕組みを研究する学問です。ヒトはなぜ呼吸をするのか、走ると息が切れるのはどうしてか。ヒトはなぜ眠たくなるのか、寝ているときの脳はどうなっているのか。ストレスがかかると病気になるのはどうしてか、予防するにはどうしたらよいか。私たちはこの仕組みを、分子から、細胞、臓器や生体にわたって調べます。遺伝子や培養細胞、あるいは動物モデルなど、様々な現代科学の手法を駆使して問題の解明に挑みます。

生理学とは、古代ギリシャ語で生命の仕組みの研究をさします。環境に適応するメカニズムや、ストレスに反応する仕組みの研究です。これが人体の機能の解明につながり、それを知ることで人間は健康で快適な生活を送ることができます。ですから生理学は、医学の根本をなすものです。有名な「ノーベル医学賞」は略称で、本当は「ノーベル生理学あるいは医学賞」という名前なのです。それだけ生理学という学問が大切ということかもしれません。

日本生理学会が設立されたのは、今から100ほど前の1922年。日本の医学会でも有数の歴史をもちます。ちょうどオスマン帝国が滅亡したころです。人間が生理学研究の大事なテーマであることは、今も変わりありません。でも100年前の環境やストレスは、現在とは大きく異なるでしょう。ですから生理学は時代とともに進化し続けます。

私達は、日本の生理学研究を推し進め、国民の健康で快適な生活に貢献します。様々な政府機関や地方自治体、関連する諸学会、さらには大学などの教育機関とも連携を進めます。国際的にも、世界の生理学会連合はもちろん、アジア・オセアニア地域の生理学会連合では、主導する役割を果たしております。日本生理学会が発行する英文生理学雑誌は、世界でも最高クラスの生理学会誌です。日本をはじめ国内外の研究者から、切磋琢磨した研究成果が続々と発表されています。

日本生理学会では、毎年の生理学会大会に加えて、各地方での大会、学会のアウトリーチ活動による社会普及を目指します。大会では市民講座を開いて、市民の皆様に分かりやすい企画シンポジウムを開いています。さらに大会では教育セッションを通じて、広く生理学教育のプロを育てています。

一人でも多くの若者が生理学研究に興味を持ち、日本の生理学研究をさらに進めてくださることが私達の願いです。そのために、若手研究者の育成や、女性研究者が活躍しやすい環境を作っていきます。国際的にも一層に開かれた学会を目指します。そして何よりも、100年後の子孫のために生理学研究を育てていくのが我々の役目です。

日本生理学会の発展には、市民の皆様のご理解と援助が必要です。ご意見やご質問があれば、いつでも事務局までお問い合わせください。

日本生理学会理事長: 石川 義弘(横浜市立大学)

日本生理学会会員の皆様へ

本サイトを御閲覧ありがとうございます。2020年3月より日本生理学会の理事長を務めさせていただきます。

ノーベル生理学医学賞は“Nobel Prize in Physiology or Medicine”であり、直訳すれば「生理学あるいは医学におけるノーベル賞」です。生理学(Physiology)という言葉はギリシャ語のphusiologia(生命の研究)が語源で、「生命体における機能とメカニズムの研究」です。単純な細胞生物から、動物、ヒトにいたるまで、生命体が持つ独自の機能を解明します。とりわけヒトの生命・恒常性の維持に必要な特性や仕組みを明らかにし、自然や社会環境にどのように適応し、ストレスや疾患にどう反応するかを調べます。手法としてはイオンの流れに始まり、遺伝子や蛋白の変化、細胞や臓器、生体機能から精神活動に至るまでの様々な対象を見据えて、現代科学の技術と知識を駆使します。ノーベル賞が単なる医学ではなく、生理学・医学となっているのはこの理由と考えます

日本における近代生理学の黎明は、江戸期の蘭学でした。明治になり生理学研究は隆盛し、1922年(大正11年)には第1回日本生理学会大会が東京で開催されました。日本ではシベリア出兵、世界ではオスマン帝国の滅亡の時代です。以来100年にわたって、本学会は日本の生理学研究を推進しました。我が国でも有数の歴史を持つ学会と成長し、2022年にはいよいよ創立100周年を迎えます。アジア太平洋生理学会(FAOPS)や国際生理学会(IUPS)でも、当学会は最大級の学会です。先のFAOPS大会(神戸、2019年)では、アジアをリードする生理学会としての歴史を刻むことができました。

日本生理学会の特徴は、会員と研究分野の多様性です。医歯薬獣医はもちろん、体育や栄養、情報通信から生理学教育など、会員の背景は様々です。この多様性は日本生理学会の最大の強みであり、今後ますます増強していきたいと思います。

当学会が次なる100年に備えてなすべきことは何でしょうか。1922年の創成期の先達には、今日の学会の隆盛は想像以上のものでしょう。ですが今日の我々が直面するのは、若手研究者の育成、女性会員が活躍できる環境づくり、さらには生理学教育を担う人材育成も重要な責務と考えます。我が国の基礎研究を支えるインフラ作りも重要です。そのためには基礎系諸学会との連携も必須です。国際会員への門戸とさらに広げ、国際的な連携をすすめ、アジアの生理学会から世界をリードする生理学会への発展を遂げるのが目標です。

日本生理学会は会員の皆様によって創られる学会です。次の100年に向けた仕組み作りを進めるのが、私の理事長としての使命と考えます。会員の皆様からご提案やご意見がありましたら、どうか遠慮なくお申し付けください。

日本生理学会理事長: 石川 義弘(横浜市立大学)