第243回

  • 日程:2010/12/4(土)
  • 場所:埼玉医科大学

第243回生理学東京談話会のお知らせ

第243回生理学東京談話会を下記のように開催致します。また、この会は同じ会場で引き続いて開催される「日本生理学会第243回東京談話会記念講演会」との合同開催です。 多数の方々のご参加と演題ご発表をお待ちしております。とくに若手の方々のご参加・発表をお待ち申し上げます(使用言語は日本語です)。 日時:2010年12月4日(土)12:25~15:05 (日本生理学会東京談話会記念特別講演会15:20~17:25) 場所:埼玉県川越市脇田本町21-7 埼玉医科大学・川越ビル6階大会議室(川越駅西口徒歩3分) Tel: 049-238-8111(代) 地図: http://www.saitama-med.ac.jp/access/roadmap03.html URL: http://www.saitama-med.ac.jp/uinfo/seiri2/danwakai243.html

内容

シンポジウム 網膜視覚情報処理のトピック

「桿体経路における網膜AIIアマクリン細胞の情報処理機構」 田丸文信 埼玉医科大学医学部生理学 「網膜ドーパミン放出型アマクリン細胞体からのGABA放出」 平沢統 理化学研究所 脳科学総合研究センター ニューロインフォマティクス技術開発チーム 「ウサギ網膜における2種類のON型方向選択性神経節細胞」 星秀夫 東京大学大学院人文社会系心理学 ポスター・セッション(公募) 英語でも可 締切: 10月30日(土)17時 提出方法: 抄録(A4 1枚、締切11月20日(土)17時) ポスターの大きさ:W90×H150 cm *著者中1名は生理学会員であることが必要です。

日本生理学会第243回東京談話会記念講演会(15:20~17:25)

(主催: 埼玉医科大学医学部生理学・日本生理学会第243回東京談話会記念講演会実行委員会、後援(予定): 埼玉医科大学卒後教育委員会) 企画: 埼玉医科大学医学部生理学・日本生理学会第243回東京談話会記念講演会実行委員会 池田正明 「概日リズム睡眠障害の病態生理と治療 -ヒト生物時計障害の高精度診断技法の開発をめざして-」 三島和夫 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所・精神生理研究部 部長 「Klothoによって紡がれた生命の糸を解きほぐす」 鍋島陽一 京都大学名誉教授 (財)先端医療振興財団 先端医療センター長 医薬品開発研究グループ グループリーダー

参加申込等

参加費: 無料 参加申込: ホームページ掲載の情報からメールで(締切10月30日(土)17時) ポスターの抄録提出: ホームページ掲載の情報からメールで(締切11月20日(土)17時。 参加申込・抄録提出用アドレス: danwakai@saitama-med.ac.jp 問合せ: 埼玉医科大学医学部生理学 350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 TEL: 049-276-1152 FAX:049-294-9961 E-mail: danwakai@saitama-med.ac.jp 当日連絡先: 埼玉医科大学川越ビル 350-1123 埼玉県川越市脇田本町21-7 TEL: 049-238-8111(代) 日本生理学会東京談話会記念特別講演会 参加費: 無料 参加申込: 不要 懇親会: 18時から川越プリンスホテル(会費6,000円、当日会場でお支払い下さい。事前の参加申し込みは不要です。) 問合せ: 埼玉医科大学医学部生理学 350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 TEL: 049-276-1152 FAX:049-294-9961 当日連絡先: 埼玉医科大学川越ビル 350-1123 埼玉県川越市脇田本町21-7 TEL: 049-238-8111(代)